a-ticket(エーチケット)
ニュース一覧 > シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツ オーヴォ』東京公演が開幕!!

NEWS

2014.02.14 | シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツ オーヴォ』東京公演が開幕!!

五感を刺激するシルク史上初のファンタジー
シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツ オーヴォ』が開幕!!

Photo : OSA Images Costumes : Liz Vandal (c)2009 Cirque du Soleil (c)2013 Fuji Television
Photo : Benoit Fontaine Costumes : Liz Vandal (c)2009 Cirque du Soleil
 
 数々の名作を届けるエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の記念すべき夢のスーパーサーカス第10弾となる最新作『ダイハツ オーヴォ』が、2014年2月12日、東京公演より開幕した。

ポルトガル語で“卵”を表す「オーヴォ」は、シルク・ドゥ・ソレイユ史上初のスケールと芸術性が融合したファンタジー作品。時に森や洞窟、クモの巣などに変幻するセットの中で、洋なし型のステージ上にカラフルでキュートな衣装に身を包んだキャラクターたちが生き生きとパフォーマンスを披露していく(人間役が出てこないのもシルク・ドゥ・ソレイユ初の試み)。大自然の中の、小さくとも“いのち”を持った生き物たちが躍動する姿に、新たな発見と驚き、そして感動を呼び起こしてくれる、ハートウォームなシルク作品となっている。

そんな『オーヴォ』の世界観を創り出しているのは、シルク初となるブラジル人の女性演出家であるデボラ・コルカー氏で、衣装面のみならず、会場に草花の香りを漂わせたり、音楽面ではサンバ、レゲエ、フォオー、カリンボ、リオ・ファンクといった南米やアフリカミュージックなどを融合させた楽曲を採用。楽曲内に実際の虫の音色を織り込む仕掛けが施されていたりと、女性はらではの感性でパフォーマンスを引き立て、シルクの概念を超えたファンタジックな世界観を生み出している。まさに五感をフルに刺激してくれる「オーヴォ」は、大人はもちろんのこと、小さな子供まで老若男女問わず楽しめる作品だ。

“ORVALHO(オーバロ)”では「とんぼ」が身体を腕や脚のみで支える柔軟で美しいバランス技で魅了し、そして「アリ」たちがキウイ・トウモロコシ・ナスを自由にフットジャグリングしてみせる“ANTS(アンツ)”、「コガネムシ」たちの空中曲芸“FLYING ACT(フライング・アクト)”には度肝を抜かれる、といったシルク・ドゥ・ソレイユが誇る最高のパフォーマンスがめくるめく披露され、あっという間に時間が過ぎ去っていく。特に後半に登場する最大のセット“THE WALL(ウォール)”を使った「コオロギ」たちのスピード感のある空中技は圧巻! 虫たちによる様々なアクトにハラハラドキドキさせられるはず。 また、シルク作品におけるクラウン(進行)役の1人である「フォーリナー」(たまごを背負ってやってきた青年)を日本人が演じているところも見どころのひとつ。コミュニティのリーダー「マスター・フリッポ」、少女「レディーバグ」との掛け合い、そしてフォーリナーとレディーバグの2匹の恋の行方にも注目を!

生きることの喜びを呼び覚ませてくれる、サーカスを超えたエンターテインメント『オーヴォ』。東京公演は東京最終公演含め6月29日まで東京・お台場ビッグトップにて開催。東京公演を経て、大阪、名古屋、福岡、仙台でも開催が決定しているので、ぜひご覧ください☆
 

(取材・文/高橋公子)

【STORY】
「それは、いのち の ものがたり」
小さな世界の小さなラブストーリー


舞台は草木のとあるコミュニティ。リーダーの「マスター・フリッポ」と、アリ、トンボ、チョウなどの住人たちがいつもの朝を迎えたある日。見慣れない青年「フォーリナー」が大きな“たまご”を背負ってやってきた。住人たちはその“たまご”に興味津々。しかし大切な“たまご”を「フォーリナー」は誰にも触らせない。そんな中、「フォーリナー」は、ふと見かけた一人ぼっちの少女「レディーバグ」に一目ぼれ! 彼女に見とれているスキに、住人たちは大切な“たまご”を奪ってしまう。一体“たまご”はどこへ? そして2匹の恋の行方は――!? たまごと恋の行方を巡る、ドラマチックでエキサイティングな生き物たちの一日を描いたシルク史上初のファンタジー作品。
 
『ダイハツ オーヴォ』

【東京公演】2014年2月12日(水)~5月11日(日)<全112公演>
【東京最終公演】2014年5月12日(月)~6月29日(日)<全66公演>

【会場】
お台場ビッグトップ

【チケット料金】
全席指定・税込

SS席<平日公演>大人 ¥12,500/子供 ¥8,500
   <土・日・祝公演>大人 ¥13,500/子供 ¥9,500
S席<平日公演>大人 ¥10,000/子供 ¥6,500
  <土・日・祝公演>大人 ¥11,000/子供 ¥7,500
A席<平日公演>大人 ¥6,500/子供 ¥4,500
  <土・日・祝公演>大人 ¥7,500/子供 ¥5,500

各プレイガイドにてチケット好評発売中!

※子供:3歳~小学生
※3歳未満のお子様でも座席が必要な場合は子供チケットをお求めください。

【お問い合わせ・チケット予約】
インフォメーションデスク 0570-020-520(オペレーター対応 10:00~18:00)

詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。
http://ovo-jp.com

<<ニュース一覧